第54回 愛知県合唱コンクールの講評

今年も愛知県合唱コンクールが終了しました。
Alitheiaは銀賞でした。一歩進んだ結果を見ることができました。
今年も審査員5名のうち2名から講評用紙を頂けましたので記載させていただきます。

■ 谷 鈴代先生
課題曲
発声•音質 B
音程•ハーモニー A
音楽性 B
選曲 A
(A〜E 5段階評価)
フレーズの波があると良い。


自由曲
発声•音質 B
音程•ハーモニー 空欄
音楽性 空欄
選曲 A
(A〜E 5段階評価)
よく聞きあって練習していますね。
ベースの共鳴区がもう少し広がっているとまとまると思った。動きの変化があるともっと良くなる。

■林 剛一先生
発声•音質 B
音程•ハーモニー B
音楽性 B
選曲 A
(A〜E 5段階評価)
課題曲
全体にバランス良く 丁寧に歌われていたと思います。
こういう1500年代の曲は今日のような声の出し方で良いと思いますが、
あまりにハーモニー、バランスを考えすぎて、上半身だけの発声になりがちですので、
丹田からの息の吹き上げ 横隔膜の支えを忘れずにして下さい。


自由曲
発声•音質 B
音程•ハーモニー B
音楽性 B
選曲 A
(A〜E 5段階評価)
全体の曲の雰囲気は出ていますし、課題曲同様に、バランス等も良かったと思います。
こちらも発声的に、こういう昨日はこういう発声という、音、響きありきで、根本的な支えを浅くしないように気をつけて。
また、バリトンがたまに裸の声が目立ってしまう所があります。こちらも支えをしっかりすれば解消されると思います。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">